ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 株式会社 へるす出版様
ここから本文です。

株式会社 へるす出版様

ビジョン策定を起点としたWebサイトリニューアルでビジネス拡大

事例概要

WebサイトURL: http://www.herusu-shuppan.co.jp/
ご提供サービス: Webサイトリニューアル、レスポンシブ・ウェブデザイン導入、CMS設計・導入、ビジネス構想サポート

[拡大する]拡大する株式会社 へるす出版様
コーポレートサイト

救急医学をはじめ、看護・福祉・介護などの医療系雑誌・書籍などの出版事業を展開されており、特に救急領域における出版については第一人者的な存在である、株式会社 へるす出版様。
雑誌や書籍の内容を一部閲覧できたり、ネット上からの注文もできるなど、医療関係者の強い味方となるWebサイトにリニューアルしました。スマートフォン対応も実施しています。

事例のポイント

課題・背景

  • 情報更新とその時に必要なコンテンツの増築・改修で維持している旧式のWebサイトを改善したい
  • へるす出版様からの情報発信だけではなく、業務に活かせるWebサイトにしたい
  • HTMLスキルがある担当者1名しか更新できない状況なので、その作業負荷を分散し、スピーディーな情報公開を実施したい
  • Webサイトリニューアルに対する社内の意識・イメージがバラバラなので、意見や課題がまとまらない

解決策

今回のリニューアルを「Webを活用したビジネス構想の基盤整備」と位置付け、Webサイトリニューアルをご提案

  • ディスカッションやワークショップを交え、Webサイトリニューアルの要件定義を実施
  • へるす出版様での運用と将来展望を見据えたWebサイト設計を実施
  • ご利用いただくお客様をイメージした情報・機能設計とデザインの実現

成果

  • 将来のビジョンと事業方針を「見える」化
    ディスカッションやワークショップにより、プロジェクトメンバーで将来のビジョンや事業方針を共有できた
  • 「へるす出版様らしさ」をアピール
    医療系の書籍・雑誌の企画~販売・サポートの第一人者としての長い歴史、信頼感等が伝わるようなサイト・ページ構成にし、見込み顧客を含め幅広い層にアピールできた
  • 社員の負荷分散と情報共有の実現
    CMS導入により、社員の負荷分散と情報共有ができた。スムーズな情報発信も実現

Webサイト画面のご紹介

画像拡大するトップページ

画像拡大する救命・救急医学 トップページ

画像拡大する救急救命士標準テキスト

プロジェクトのご紹介

ディスカッションやワークショップを交え、Webサイトリニューアルの要件定義を実施

以前からの企業Webサイトに必要な情報を追加掲載していく形で情報発信をされていたへるす出版様。「お客様にとって使いやすく、自社での運用負荷が軽減できるWebサイトに」と社内プロジェクトメンバーでリニューアルを検討されていましたが、方針や意見がまとまらない状態でした。
そこで当社がWebを起点としたビジネス構想や企業ビジョン、そのときのWebの将来像など、Webリニューアルを検討するときに実施すべき企画や要件定義の進め方をご提案。プロジェクトメンバーが参加されてのディスカッションやワークショップなど、当社がファシリテートを担当して方針や意見をまとめていく形で進めていきました。

社内でのPDCA推進と、将来展開を見据えたWebサイト設計を実施

医療系の冊子や書籍の編集者がWebサイト更新も担当できるように、CMSの導入を検討。CMSにデータを入力すると、Webサイトと書籍データベースの両方がメンテナンスできる、HTMLのスキルは不要など、プロジェクトメンバーをはじめ社内での運用負担を軽減するWebサイト設計を実施しました。

お客様が使いやすいデザイン・機能設計を実施

医療従事者の方や医療系の大学生など、専門知識を求めて来訪されるお客様が多いのが、へるす出版様のWebサイトの特長です。こうした時間のない医療関係者がわかりやすい書籍情報の分類をへるす出版様と当社で検討し、また書籍情報をデータベース項目と合わせるなど、各書籍ページを定型フォーマット化し、閲覧しやすく、更新しやすい統一感のあるページ・サイトデザインを心掛けました。
また、昨今のスマートフォン利用率を考え、レスポンシブ・ウェブデザインを導入しています(パソコンサイトとスマートフォンサイトの切り替えはユーザー任意))。

お客様の声

救急医療関係のアプリやCD、DVDなどの制作も依頼しており、長年パートナーとしてやってきていた関係でしたので、Webサイトリニューアルに際しても何度かご提案いただいていました。
当初は方向性だけでも自社内で検討してから依頼するつもりだったのですが、雑誌の企画・編集業務の傍らでWebサイトリニューアルの企画を進めていくのはプロジェクトメンバーの業務負荷になってしまい、タイミングよく、「要件定義の進め方」等をご提案いただいたので、一緒に進めることにしました。

Webサイトのリニューアルを進める前に、Webを当社事業にどう活用していくのか、を考える必要性からご説明いただいたのも非常にわかりやすかったです。ディスカッションやワークショップを進めていくうちに、自社のビジネスをどう発展させていくかも整理でき、メンバーも将来像がイメージできたのでよかったです。

医療業界にも詳しく、当社の事業の強みなども理解してもらっていたので、お客様へのアピールポイントや書籍ページの分類方法や見せ方などスムーズに進められ、リニューアル成功に結び付いたと思います。
弊社内での作業は人数にも限りがあり予定期日を過ぎることもありましたが、御社内での作業をきわめて早く進めていただいたおかげで短期間でのリニューアルが実現しました。
運用にあたっては、CMSの操作ドキュメント作成や説明会を開催していただくなど、スムーズな運用を、という配慮が非常に助かりました。
何より、自分の会社のことのように考えていただき、さまざまな提案をビジュアルを交えてわかりやすく提案していただいたことで、メンバー内でもイメージをしやすく非常に助かりました。

株式会社 へるす出版
取締役
長谷川 潤氏

NECマネジメントパートナー 担当者の声

ワークショップを活用した要件定義を実施し、ともに良いスタートが切れました。
要件定義の進め方のメリットなどをすぐにご理解いただき、社内推進を進めていただいたので、こちらもスムーズにリニューアルを進められました。へるす出版様のビジネス構想の一端を担えたことは、当社にとってもパートナーシップをより強固にできたと思います。
マーケットコミュニケーション事業部 シニアプロデューサー 山方 理佳子

要件定義でサイト設計・仕様を固めるときには、長時間の打ち合わせにお付き合いいただきましたが、
綿密にコミュニケーションをとれたことが短納期リリースを実現できたことだと思います。
お客様と同じ意識・目的に向かって一丸となってできた良いプロジェクトでした。
へるす出版様の事業はWEBのビジネス展開がいろいろ考えられるかと思います。今後も良きパートナーとしてご協力できればと思います。
マーケットコミュニケーション事業部 主任 松村 亜希

CMS導入にあたり、仕様による制限から運用面を見直していただく部分もありましたが、ご協力いただけてスムーズに進行することができました。へるす出版様、当社とも双方で協力し合ってこそ短期間で実現できたプロジェクトでした。本当にありがとうございました。
マーケットコミュニケーション事業部 主任 只野 公裕

ご提供サービス

Webサイトリニューアル、レスポンシブ・ウェブデザイン導入、CMS設計・導入、ビジネス構想サポート

今後の取り組み

  • リニューアルしたWebサイトと会員データベースを連携し、ご愛顧いただいているお客様(顧客)とのコミュニケーションを強化していきたい
  • 見込み顧客(リード)獲得や売上拡大に貢献できるWebサイトに成長させていきたい
  • セミナーをはじめとするリアルプロモーションにつながる施策を実施し、O2O施策を強化していきたい

関連リンク

関連コラム

Webサイトの構築・運営にかかわる方に役立つ情報をお届けします。

関連サービス

関連コラム

Webサイトの構築・運営にかかわる方に役立つ情報をお届けします。

関連サービス

ページの先頭へ戻る