ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. サービス
  3. ドキュメント
  4. DITA導入支援
ここから本文です。

DITA導入支援サービス

先進技術のDITA導入で、ドキュメント開発の課題を一気に解決

製品・サービスの多様化、グローバル化により、ドキュメント制作を取り巻く環境はますます複雑になっています。
NECマネジメントパートナーでは、先進技術のDITAを使ったドキュメントの執筆・作成、およびDITA導入支援で、ドキュメント開発の課題を一気に解決し、スピードアップに貢献します。

サービス導入によるメリット

DITAでは、文書をトピックと呼ばれる単位(タイトルと本文)で用意し、組み合わせることで、ひとつのドキュメントを構成します。
これにより、文書構成の組み替えや流用(再利用)が簡単になり、様々なパターンのドキュメントを簡単に作成できる環境を実現します。

仕様書からマニュアルまで一気通貫で作成

日本語から海外向けドキュメントまでスムーズな作成
CMSで版数管理

例えば、次のような課題を解決します。

画像

サービスバリュー

NECマネジメントパートナーは、ドキュメント制作の専門部隊として、NECグループの中でいち早くDITAに取り組んでいます。
NECグループにおけるDITA導入実績から得たノウハウにより、効果シミュレーション、ドキュメント構造化のご支援、データ移行といったDITA導入に伴うご支援に対応しております。
また、翻訳・ローカライズソリューションと連携した総合的なマニュアル、技術文書作成効率化のご相談も承っております。

サービス内容

  • DITAによるドキュメント執筆
  • 既存ドキュメント(Word等)のDITA化 ※下記「サービスフロー」参照
  • 各メディアへの変換(PDF、CHM、HTML)
  • DITA導入支援
  • DITA教育開催

サービスフロー

以下はWord文書のDITA化の制作フロー例です。ドキュメントのDITA化では、翻訳作業をワンストップで行うことができます。

画像

価格

内容に応じて個別のお見積もりとなります。まずはお問い合わせください。

事例

ユーザー向けマニュアルの品質改善・効率化 NECグループ ミドルウェア開発部門

ニーズ

  • マニュアル記述のばらつき、冗長さといった品質を改善したい
  • 多言語展開をスピード化したい、コストを抑えたい

課題

  • 大勢のエンジニアが汎用ワープロで執筆する方法では、とりまとめの工数が増大し、マニュアルの発行が遅くなってしまう。

ご提供ソリューション

  • 既存のドキュメント(7000ページ以上)のDITA移行
  • DITAに移行するための構造化設計
  • エンジニアがDITAで執筆するためのワークショップ実施
  • PDF、オンラインヘルプの同時発行(ワンソース/マルチユース)

結果

  • 翻訳コストの30%削減
  • エンジニアの執筆工数大幅削減(オペレーション負荷軽減⇒記述内容への集中)

セミナー資料ダウンロード

製品マニュアル・技術文書の構造化がもたらすメリット

属人的になりがちな文書作成・管理から脱却し、製品マニュアルや技術文書を標準化・構造化することで、大幅なコスト削減が図れる方法とは?
NECグループの中でもいち早くDITAに取り組んできた、NECマネジメントパートナー株式会社がスモールスタート導入を紹介します。

開催日: 2014年5月27日
講師: 山崎 光彦、森下 昌彦

関連コラム

FAQ:よくあるご質問

Q1コストはどのくらい下がりますか?
A1ドキュメントの内容によりますが、約30%の削減効果が見込めます。
多言語化するドキュメントでは、さらに大きな効果が期待できます。
Q2なぜコストが下がるのですか?
A2DITA化するにあたり、同じ記述が繰り返し見られるかドキュメントを分析します。
分析した結果をDITAの仕組みを利用して“共有化”することで、ドキュメントの量を削減します。
また、ドキュメントを部品化し、整理することで、再利用(流用)を促進する効果もあり、内部/外部双方の費用を削減できます。
Q3DITAを試してみたいのですが、何が必要ですか?
A3DITAはXMLファイルなので、XMLファイルを扱えるエディタが必要です。
テキストエディタでも大丈夫ですが、専用のエディタがあると便利です。
NECグループでの支援でも、“スモールスタートで効果を見極めたい”という声が多く、様々なご支援を行っておりますので、ご相談ください。
Q4DITAはタグを覚えるのが大変と聞きますが....
A4確かにタグは100個以上ありますが、ひんぱんに使われるタグは30個程度です。
名称も<table>、<note>、<p>など、直感的に理解できるもので、HTMLの経験者なら問題なく扱うことができます。

ページの先頭へ戻る