ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. サービス
  3. 院内トリアージ支援
  4. 操作イメージ
ここから本文です。

院内トリアージ支援システム

操作イメージ

【1】患者一覧から患者を選択します

患者情報(受付番号・患者氏名・年齢・性別)は電子カルテから取得し、反映します。

画面イメージ:患者一覧からトリアージを行う患者を選択します

【2】問診情報を入力します

入力項目は、病院ごとに個別設定が可能です。

画面イメージ:所見・問診情報を入力します

【3】バイタル情報を入力します

画面イメージ:バイタル情報入力します

【4】JTASに基づいてトリアージレベルを登録します

トリアージレベルを登録すると、電子カルテにトリアージ情報が送信されます。

画面イメージ:JTASに基づいてトリアージレベルの判定を行います

【5】診断名や転帰情報など事後情報の登録を行います

登録情報は病院ごとに個別設定が可能です。

画面イメージ:診断名や転帰情報など事後情報の登録を行います

【6】事後検証を行います

二次検証を行うことも可能です。

画面イメージ:事後検証を行います

  • 本製品は医療機器ではありません。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る