ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. サービス
  3. Webマーケティング
  4. サイト設計 (導線設計・UI設計)
ここから本文です。

サイト設計 (導線設計・UI設計)

目的達成に向け、プロフェッショナルな視点でWebサイトを設計

画像

コンサルティング・戦略フェーズにて策定したコンセプトを具現化し、Webサイトの全体像を詳細に決定します。

検索エンジンへの最適化や、見やすさ・使いやすさの定義など、Webの標準・ルールとともに当社の知見・ノウハウをミックスし、お客様のサイトを設計します。

優れたカスタマーエクスペリエンスの実現のために

さまざまな角度・視点から検討を行い、最適なUI(ユーザーインターフェース)を設計します。

情報設計

ユーザビリティの視点やアクセスログ解析結果を基に、戦略フェーズで定義したWebサイトの「あるべき姿」を整理し、コンテンツのマッピングを行います。
さらにページリンクのルール、ナビゲーションのルール、コンテンツエリアの情報提供ルールなどを専門の情報設計者(インフォメーション・アーキテクト)がご提案します。

コンテンツ設計

見込み顧客に興味を持っていただき、さらに何度も訪問したくなるコンテンツを発信することにより、継続的な関係を保ちながら、購買や事業理解に結びつけます。

基本デザイン設計

ワイヤーフレーム設計

色や装飾を含めずに、Webサイトの要素や機能の配置を明らかにしたWebサイトの骨組みがワイヤーフレームです。これにより、お客様も含めたプロジェクトメンバー全体で情報レイアウトの設計を共有し、理解することができます。

導線設計

ユーザーをコンバージョン、つまり商品購入や資料請求などのゴールに誘導させるためのルートや仕掛けを設計します。ユーザーを迷わせない、離脱させないためにユーザビリティー(使いやすさ)に配慮することも、導線設計の重要な要素です。

デバイス最適化

PCのみならず、タブレットやスマートフォンも含めたマルチデバイスでの閲覧も考慮したインターフェース設計を行います。

ビジュアルデザイン設計

基本デザイン設計を元に、企業やサービス、商品のイメージに適したビジュアルを検討・設計します。
メインビジュアルからボタン、パーツ類に至るまで、サイトのコンセプトとユーザビリティに配慮したデザインを行います。

システム設計

お客様のサーバー環境や、実装内容に合わせた使用技術の選定など、高い経験とスキルを元にご提案します。

導入事例

東京ビッグサイト 様

国際展示場にふさわしい、高品質なWebサイトの構築

コンテンツをスリム化し、アクセス性を高めました。
コンテンツ構造をスリム化し、サイト構造をシンプルにすることで、目的の情報の探しやすさ、到達スピードを改善しました。

来場者・主催者・メディア出稿希望者の各ユーザーごとに必要な情報を想定して、最適な導線設計を行いました。

図

ユーザーのサイト内行動シナリオに基づいた構造設計を行いました。

NEC研究所開発の独自ツールで主要ページに対しJISに準拠したカラーチェックを行いました。

目的の情報へ、直感的に、素早く到達できる導線設計

サイトの階層構造は保ちつつ、目的の情報に最速でたどり着け、サイトのどこに何があるのか直感的にわかりやすい導線設計を行いました。

階層構造がそのまま見えるメガドロップナビゲーションを採用。グローバルナビゲーションから1クリックで利用案内に到達でき、さらに、主催者向けメニューもすべて一覧で表示されるため、利便性が向上しました。

関連リンク

企業Webサイトリニューアル・改善プロジェクトに関するアンケート調査

企業が運営するWebサイトリニューアル・改善プロジェクトにおける課題、施策とその効果についてインターネットを、利用した独自アンケート調査結果です。
Web担当者、デジタルマーケティング推進者におすすめの資料です。

お役立ち資料ダウンロード

[NEW WINDOW]企業Webサイトリニューアル、成功の方程式。まずは要件定義の進め方をしっかり押さえよう!

[NEW WINDOW]BtoBリード獲得実践! MAを気にする前に知っておくべき、 ほんとうの「シナリオ設計」とは?

[NEW WINDOW]BtoB企業向け Webトレンド解説 2015

コラム・レポート

Web担当者向けセミナーのレポート記事と、お役立ちコラムをご紹介します。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る