サイト内の現在位置を表示しています。

業務改善の資料ダウンロード一覧

効率的な開発ドキュメント作成・管理のポイント

生産性大幅UP!開発文書のコンサルティングによる業務改善モデル

システムの開発には、純粋な開発業務だけでなく、各開発過程における開発文書の作成という業務が伴っており、その重要性が多くの有識者に唱えられています。しかし一方で、現場の開発者達はその業務に苦手意識を持つ事が多く、本来の開発業務の負担となっている現状があります。本冊子では、開発文書の品質にこだわりつつ、開発業務を効率化し、開発現場の「働き方改革」を実現したモデルケースをストーリー仕立てで紹介します。

開発文書のコンサルティングによる業務改善の事例

技術文書 作成担当者様 必見!
業務効率の向上を目的とした文書作成デジタル化のすすめ


市場のグローバル化や顧客ニーズの多様化・複雑化に伴い、企業が提供する製品やサービスには、これまでにない厳しい対応が求められています。そして、それらに付随する技術文書にも、こうした変化へのスピーディな対応が求められています。本冊子では、その有力な手段として注目を集めているDITAによる文書作成デジタル化を、運用モデルおよびその延長線上にある可能性などについてご紹介いたします。

技術文書 作成担当者様 必見!業務効率の向上を目的とした文書作成デジタル化のすすめ

業務の効率化とビジネス価値向上を実現するために必要な3つのポイントとは?

属人的になりがちな文書作成・管理から脱却し、製品マニュアルや技術文書を標準化・構造化することで、大幅なコスト削減が図れる方法とは?NECグループの中でもいち早くDITAに取り組んできた、NECマネジメントパートナー株式会社がスモールスタート導入を紹介します。2014年5月27日に開催したセミナー「社内の情報共有・活用にお悩みではありませんか?業務の効率化とビジネス価値向上を実現するために必要な3つのポイント」で当社が発表した資料をダウンロードしていただけます。

業務の効率化とビジネス価値向上を実現するために必要な3つのポイントとは?
効率的な開発ドキュメント作成・管理のモデルケース

生産性大幅UP!文書の一元管理が業務改善につながったモデル 前編

技術に携わる方々にとって、技術文書の作成は、開発業務や顧客対応とともに重要な業務の一つに位置づけられています。しかし一方で、そうした業務が特定の社員に集中してしまい、結果、残業時間の増加に繋がってしまうというケースが、多くの企業に見受けられます。本冊子では、そんな文書作成の課題にDITAのスモールスタート導入という形で取り組み、社員達のワーク・ライフ・バランス実現を目指した「働き方改革」のモデルケースをストーリー仕立てで紹介します。

文書の一元管理が業務改善につながったモデル 前編

生産性大幅UP!文書の一元管理が業務改善につながったモデル 後編

昨今の開発業務に付随する文書作成は、製品のライフサイクルの短縮やグローバル化への対応、安全基準や規制への適用といった顧客ニーズの多様化・複雑化に伴い、より正確かつ効果的に作成する事が求められています。本冊子は前編でDITAをスモールスタートで導入してから1年が経過し、他部署でも徐々に浸透していく中で、海外から受けた極めて短期間な大口発注をどのように対処したのか、ストーリー仕立てで紹介します。

文書の一元管理が業務改善につながった事例 後編
プロジェクトの問題を特定・改善するポイント

開発現場の業務を効率化する、業務の仕分けと標準化とは?

イノベーションによる技術革新が目覚ましい製造業において、個々のプロジェクトマネージャーや開発者が設計・開発業務に専念できる時間を確保することは、開発品質を担保する上で非常に重要です。しかし、現状は付帯業務の増加により、本来注力すべき業務に専念できないという事態が散見されます。そこで、本資料では、開発現場における課題を明らかにした上で、業務効率化を実現するための方法をご紹介します。

開発現場の業務を効率化する、業務の仕分けと標準化とは?

【課題発見チェックリスト付き】開発プロジェクトの品質を向上する方法

ソフトウェア開発の現場では、タイムリーな製品リリースが求められる一方で、上流の段階では不確実要素も多いために、追加要件や後戻り工数が発生し、品質への影響、納期の遅延やコストの増大が課題となっています。本資料では、この課題の原因を特定し、解消するための方法をご紹介します。

課題発見チェックリスト付き】開発プロジェクトの品質を向上する方法