サイト内の現在位置を表示しています。

業務効率化プロセスの解説

業務プロセスを改善し、生産性向上につながるノウハウをご提供します!

ますます注目度が高まっている働き方改革への取り組み。改善を図りたいが「何を行えば良いのかわからない」または、「効果が現れていない」とお悩みの企業様へ、プロセス改善・生産性向上につながる業務効率化のノウハウをご提供しております。

業務プロセスを改善し、生産性向上につながるノウハウをご提供します!

今すぐノウハウを手に入れる


昨今の開発現場を取り巻く環境は、技術者への負担が増す一方となっています。限られた経営資源で業績を上げるためには業務改善に取り組まなければなりません。いざ始めようとしても「何から始めたら良いのか?」「課題・問題はあっても改善方法がわからない。」と悩んでいる方も多いと思います。

業務改善の為のアプローチは様々ですが、やり方や順序を間違えると効果を得られる事はできません。ここでは目的や進め方、実施するためのポイントを解説致しますので、業務改善の参考にしてください。

上記フローを順番に解説します!


01 目標を設定します

自分たちの関わる業務の問題意識と課題意識を複数人で共有し、課題チェックシートにまとめてみましょう!

複数人で出し合った課題をまとめ、解決策の仮説を作りましょう。この時点で作った解決策は外れていても大丈夫です。このプロジェクトを進めるうちに正解に近づきます。ここではまず、プロジェクトの計画書とスコープを定義して、目標設定シートにまとめます。


02 現状を測定します

目標設定の次に、対象の業務を選んで現状を可視化します。これをAs-Isの可視化と言い、詳細化すると要因をしぼり込む為の精度が増す為、ここは時間をかけて丁寧に行いましょう。


03 要因を特定します

可視化されたAs-Isやフローチャートから、ボトルネックや工程内でミスが多発している部分を特定します。この際、02で行ったAs-Isの可視化が詳細化されていると、より詳細に要因の分析が可能となります。


04 改善策を立てます

ここから、改善策を立てるフェーズです。
03で特定された要因から改善策をいくつか出し、効果や難易度でマッピングして可視化しながら検討します。その後はテストと検証を行い、実効性・効果性が高い物を落とし込んだTo-Be業務フローを構築します。

出来上がった改善策を業務フローに落とし込みます。その結果できあがるのが、To-Beの業務フローです。改善点を整理してTo-Beにするところがポイントです。


05 文書化して周知

でき上ったTo-Be業務フローを文書化し、業務手順書・業務マニュアルにします。これらを周知し、改善策を実施しながら結果を検証できるようにしておき、改善サイクルにフィードバックしていきます。


業務効率化の改善ステップ

LSS手法を使用すれば、開発のスピードアップや利益捻出効果を生み出す事にも繋がります。開発プロセスを徹底的に分析・見える化することで、業務の圧縮や生産性アップも可能となります。


業務プロセスを改善し、生産性向上につながるノウハウをご提供します!

ますます注目度が高まっている働き方改革への取り組み。改善を図りたいが「何を行えば良いのかわからない」または、「効果が現れていない」とお悩みの企業様へ、プロセス改善・生産性向上につながる業務効率化のノウハウをご提供しております。

業務プロセスを改善し、生産性向上につながるノウハウをご提供します!

今すぐノウハウを手に入れる