サイト内の現在位置

働くことと、変えること。
新しい働き方と満足をBPOで。

働き方改革支援サービス

働き方改革は、従業員の皆さんの働きがいと業務改革の両面から、一体となって取り組むことが大切です。
そのことが組織とそこで働く人を強くし、生産性の向上、ひいてはイノベーションの創出を実現します。

働き方改革を取り巻く課題

単なる残業抑制や在宅勤務制度の導入といった身近に取り組める短期的な施策から実施して、従業員の気持ちを置き去りにしていませんか?
働き方改革に取り組む企業のうち約半数が効果を感じているものの、従業員の満足も得られていると答えた企業が28%しかないという調査結果もあります。

zoom拡大する

働き方改革の目的(デロイト トーマツ コンサルティング調べ)

zoom拡大する

働き方改革の効果(デロイト トーマツ コンサルティング調べ)

私たちが独自に体得した経験

私たちNECマネジメントパートナーは、2014年から本格的に働き方改革への取り組みを開始しました。幹部と社員が一体となり、組織の壁を超えたプロジェクト活動でさまざまなチャレンジを繰り返しました。

基本となった精神は「まず、やってみよう」です。新しいことを始めるには、何かと阻害要因がつきまといますが、それを必要以上に気に掛けていては何も始まりません。
そのチャレンジングな取り組みのなかから、プロセス改革に必要なツールやメソッドが生まれ、業務をよりシンプルに、効率化する方法を身に着けていきました。

2014年から開始した働き方改革へのチャレンジ

こうした活動は、一部のリーダー的な社員が全体を引っ張るだけでは、あまり意味がなく、長続きしません。
リーダーとなった社員が率先し、制度やプロセスを変えると、その変わった制度やプロセスによって、そのほかの社員の行動も変わる――すなわち、人が変えた制度によって、逆に人の意識や行動が変わっていく。

一人ひとりが自律的に働き方を変え、成果を出す。
その換えがたい経験をベースにしたプロセス改革を優れた技術を使って実践し、回し続ける。

そうして私たちが試行錯誤を繰り返し、これまで実践してきた働き方改革の取り組み。従業員の働きがいと業務改革の両面から一体となった活動テーマの一端をご紹介します。

働き方改革の取り組み・活動テーマ

これまでの取り組みの成果

働き方改革の取り組みを通したこれまで実践のなかで、生産性を向上させた成果の一部をご紹介します。

■CASE1:年間70,000時間におよぶ出張申請・交通費精算工数の大幅削減へ

NECグループの従業員が年間に出張・外出時の申請、精算に費やす膨大な間接工数を削減するため、グローバルスタンダードであるConcurを導入。

従業員の利便性を大幅に向上させ、出張申請、手配、確証書類の処理手続き、精算などの間接工数40%削減へ向けた取り組みをしています。

■CASE2:30業務にロボット100体が稼働。年間数万時間の余力化時間創出へ

RPA、RDA、汎用ツール、EUCなど業務プロセスの可視化から自動化に適したツールや手法を選択。チェック型ロボやデータ集計型ロボ、対話型ロボなどを制作。

経理・財務、資材・調達部門を中心に適用をはじめ、年間数万時間の余力化時間の創出へ向けた取り組みをしています。

私たちNECマネジメントパートナーは、NECグループ10万人の働き方改革への取り組みで得た知見を、BPOサービスを通してお客様の事業成長に貢献しています。

働き方改革支援サービス体系

働き方改革支援サービスについて詳しく知りたい。
NECグループの働き方改革の取り組みについて詳しく知りたい。
従業員満足度と業務改革の両立について詳しく知りたい。
という方はこちらからお問い合わせください。