サイト内の現在位置を表示しています。

院内トリアージ支援システム

よくあるご質問

Q1院内トリアージはどこで誰が行うのですか?
A1

院内トリアージは看護師が行います。
院内トリアージ専用カウンター(トリアージブース)は、救急受付に近く、待合室を見渡せる場所に設置される場合が多いようです。

Q2院内トリアージはどのように行われていますか?
A2

下のような流れを、2~3分で行います。

画像

Q3トリアージナースとはどのような資格を持った看護師ですか?
A3

日本救急看護学会トリアージ委員会では、トリアージナースの要件として、次の3つを掲示しています。
(1)救急看護経験が3年以上あること。
(2)標準的な看護教育を受講していること。
(3)一次・二次救命処置を受講していること。
なお、同学会が行っているトリアージナース育成研修会の受講資格等の詳細については、下記URLで確認できます。

new windowJTASコースについて(日本臨床救急医学会)【外部サイト】

Q4現在利用しているサーバに、院内トリアージ支援システムのサーバを相乗りさせることは可能ですか?
A4

サーバの相乗りは、いたしかねます。

Q5JTASが改訂された場合、システムのバージョンアップもありますか?
A5

JTASが改訂された場合、システムも有償でバージョンアップ予定です。

Q6システムを使ってみて導入を決めたいのですが、デモ環境はありますか?
A6

2週間の期間限定で、インターネットを通して利用可能なデモ環境をご用意いたします。※クライアント端末(ノートPCもしくはタブレット)と無線のインターネット環境は、お客様でご用意いただく必要があります。デモ環境に関する詳しい情報は、お問い合わせください。

Q7「電子カルテから患者属性を取得」とありますが、電子カルテを導入していないので、医事システムなどから患者情報を取得できますか?
A7

連携したいシステムの仕様をお伺いした上で検討いたします。ご相談ください。

Q8利用する端末の台数やユーザー数に制限はありますか?
A8

端末台数やユーザー数に制限はありません。

  • 本製品は医療機器ではありません。